シルバーラブの日

staff blog

シルバーラブの日

1948(昭和23)年11月30日に、歌人の川田順かわだ じゅん氏が弟子の大学教授夫人とともに家出したことが発覚

当時川田氏は68歳で、3年前から関係が続いていた教授夫人(40歳)との行く末を悲観し、駆け落ちを図るもすぐに連れ戻されることに。

その際に川田氏が詠んだとされる

墓場に近き老いらくの恋は恐るる何もなし

という詩の中の

老いらくの恋

という言葉が流行語となったことにちなんで、川田氏と教授夫人が家出した日に記念日が制定されておいrます。

ちなみに、川田氏と教授夫人は後日結婚したそう。

タイトルとURLをコピーしました