がん予防のための食事とは?

staff blog

こんにちは、桃です

本日はがん予防のための食事とは?についてのお話です

現在がんは2人に1人は何らかのがんにかかると言われ、日本人の死因第1位でもあり、その割合も年々増加しています。

現在がんのリスクを低下させる因子、上昇させる因子がわかってきています。

食事の基本は一汁三菜のバランスの良い食事です

植物性食品を中心に多くの種類を食べる
野菜や果物をたくさん食べる
多種類の穀物、豆類、根菜類を食べる
肉類は1日80g以下
脂肪は動物性脂肪食品(飽和脂肪酸)を控え、植物性脂肪から適度にとる
食塩は成人で1日6g以下
アルコールは控えめ
食品は新鮮なうちに食べる
食品添加物や残留農薬に気を付ける
焦げた食品は控える

本日も21時まで受付いたしております。

皆様のご来店おまちしております。