タロとジロ

staff blog

こんばんは、すずです。

今日はタロとジロの日です。

1959年(昭和34年)のこの日、南極に置き去りにされたカラフト犬のタロとジロの生存が

確認されました。

1956年の秋、南極観測船「宗谷」が南極に向けて出港。15匹のカラフト犬も

犬ぞり隊として連れていきました。1958年、再び南極観測に「宗谷」で

向かいましたが、厚い氷に阻まれ観測を断念。乗り組み員たちはヘリで

救出されましたが、カラフト犬たちは残されてしまいました。

しかも氷原の上に鎖につながれたまま・・・。

1959年のこの日、ヘリが2頭を発見し、大きなニュースになりました。

この話、映画にもなりましたよね。

昔見たのですが、オーロラの空の下を走るタロとジロや、シャチに食べられそうになる

シーンだけ覚えています。

寒い上に食料も少ない、しかも極夜という太陽の光が差さない時期まである

この場所で生き残るのは相当過酷だったことでしょう。

カラフト犬だから生き残れたのでしょうか。

さて、本日も24時まで営業いたしております。

ご来店お待ちしております。


タイトルとURLをコピーしました